免疫システムを破壊するHIV

メインメニュー

サブメニュー

免疫システムを破壊するHIV

HIVは免疫システムの司令官であるT細胞(CD4陽性リンパ球細胞)に感染します。

そのHIVが感染したT細胞は、免疫システムの中で排除され徐々に数が減っていきます。

イラスト1:HIVがT細胞に感染している様子

やがて司令官を失った免疫システムは、結果的に弱くなり破壊されていきます。

そして体の免疫力が弱くなり、いろいろな日和見感染症を起こしやすくなるのです。

イラスト2:T細胞が減り、HIVが増えている様

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント