抗HIV療法とその注意点

メインメニュー

サブメニュー

抗HIV療法とその注意点

抗HIV療法とは、原則として3~4種類の抗HIV薬を組み合わせて飲む治療法をいいます。

イラスト1:HIVに感染したCD4陽性リンパ球細胞に対して、3種類の薬が効果を与えている様子

HIVはその数が増えれば増えるほど、突然変異を起こしやすくなり、薬の効かない耐性ウイルスが出てくる可能性が高くなります。

イラスト2:薬が1種類だけだと、耐性ウイルスが出てくる様

そこでウイルスの増殖を抑えて、耐性ウイルスが出現しないように、何種類かの薬を組み合わせて治療することが一般的になっています。

初めて抗HIV療法を行う時は、その人にとって最も良い組み合わせが選ばれます。ですからこれを如何に長く、きちんと飲み続けられるかがポイントになります。

イラスト3:長くきちんと飲むのがポイント

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント