薬剤耐性HIVとは

メインメニュー

サブメニュー

薬剤耐性HIVとは

中途半端に抗HIV治療を続けていると、その薬が効かなくなるようなウイルスに変異してしまうことがあります。

このように変異したウイルスを、薬剤耐性HIVといいます。この耐性になったウイルスには抗HIV薬が効かないので、どんどん増殖していくことになります。

抗HIV薬がウイルスの増殖をしっかり抑え続けると、薬剤耐性HIVの心配はいりません。

けれども薬を飲んだり飲まなかったり、あるいは中途半端な服用量だと、薬剤耐性ウイルスの出てくる可能性が出てきます。

イラスト:飲んだり飲まなかったり、あるいは中途半端な服用量だと、薬が効かないHIVが出てくる。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント