推奨処方のエビデンスとなる臨床試験

試験名をクリックすると、概要のページが表示されます。

NNRTI
EFV+TDF/FTC
ACTG5202, GS934, STARTMRK, GS102, SINGLE, ECHO, THRIVE
EFV+ABC/3TC
ACTG5202, CNA30024, THRIVE
RPV/TDF/FTC
ECHO, THRIVE
PI
DRV rtv +TDF/FTC
ARTEMIS, FLAMINGO
DRV rtv +ABC/3TC
FLAMINGO
ATV rtv +TDF/FTC
ACTG5202, ALERT, CASTLE, GS103
ATV rtv +ABC/3TC
ACTG5202
INSTI
RAL +TDF/FTC
STARTMRK, SPRING-2
RAL +ABC/3TC
SPRING-2
EVG/cobi/TDF/FTC
GS102, GS103
DTG +TDF/FTC
SPRING-2, FLAMINGO
DTG/ABC/3TC
SPRING-2, SINGLE, FLAMINGO
  • 赤字が主要な比較試験。
  • グリーンは対照群となっているもの。

診療の参考となるその他の臨床試験

  • 早期の抗HIV治療が二次感染予防となるかを評価(HPTN052試験
  • TDF/FTC群とABC/3TC群の48週後の腎機能評価(ASSERT試験
  • CD4数に応じて治療開始と中断を繰り返す間欠治療群と、治療継続群とを比較(SMART試験
  • キードラッグ2剤のみを使用した場合の効果(ACTG5142試験
  • 治療開始基準の参考となる大規模コホート(NA-ACCORD
  • 抗HIV薬と心筋梗塞のリスク評価(D:A:D試験

研究分担者:東京大学医科学研究所附属病院 感染免疫内科 鯉渕 智彦

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント