X結核合併症例での抗HIV療法

要約

  • HIV感染症では結核の合併リスクが高い。結核患者ではHIV検査は必須である。
  • 結核合併例の治療では、
    1. 薬剤の副作用
    2. rifamycin系薬剤と抗HIV薬の相互作用
    3. 免疫再構築症候群の合併
    の3点に注意が必要である。
  • 結核の治療開始後、早期にARTを開始することにより、死亡が減少するとの報告から、ARTの開始時期は早まっている。

1.疫学

 細胞性免疫は結核の感染防御を担っており、この機能が著しく低下するHIV感染症では結核の感染・発病のリスクは極めて高い。日本の結核の罹患率は人口10万対13.3(2017年)まで低下したが、欧米先進国の中には罹患率が4前後の国もあり、日本は結核については中まん延国である。また、HIV感染者数の減少はみられない。このような状況下では、HIV感染症合併結核の症例に遭遇する機会は常にある。

 結核患者におけるHIV感染症の合併頻度についての全国レベルのデータはないが、2007〜2016年の間の結核病床を多く抱える国立病院機構病院においては、結核患者の年間のHIV陽性率は、0.15〜0.46%(平均0.34%)とほぼ一定であった1)

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント