XIHIV/HBV共感染者での抗HIV療法

4.スクリーニング検査

 HIV感染症が判明し、抗HIV療法を開始する際には、必ずHBs抗原、HBs抗体、HBc抗体をチェックしB型肝炎の合併の有無・既往を確かめる必要がある(AIII)13, 14)。また、HBc抗体のみが陽性の場合には、HBV DNA量を測定しoccult HBV感染の可能性を否定しておくことが必要である(BIII)15)

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント