XIIHIV/HCV共感染者での抗HIV療法

14.免疫再構築症候群

 免疫再構築症候群とは、抗HIV療法開始後から16週程度までにみられる炎症を主体とした病態である。CD4数の増加に伴うことが多く、免疫応答の改善に関連していると考えられる。肝炎の増悪症状を伴うことがあり、ウイルス肝炎の合併例に関しては診断に迷う場合があるが、C型肝炎の場合ウイルス肝炎の急性増悪とは考えにくい。抗HIV療法は極力継続すべきであるが、場合によっては中止を必要とすることもある。

PAGE TOP

アンケートにご協力ください。

このページは役に立ちましたか?

コメント